「ファッションは顔の良し悪し」だと考えている内はファッションは上手くいかないっすよ

「ファッションは顔の良し悪し」だと考えている内はファッションは上手くいかないっすよ ファッション

あなたがもしファッションが上手くいかない事を顔のせいだと思っているのなら、残念ながらそれは間違いです。

「ファッション=顔」という考えはファッションどうこうの前にそもそも顔しか見ていません。

もしくは、ファッションが上手くいかない理由を自分のせいではなく、顔のせいにしているだけだと。

顔が綺麗だから、可愛いから、かこいいから、ファッションが最高だという事はイコール関係になりません。これは断言できますね。

ファッションが最高で、顔も良かった人も可愛かった人もいますが、逆もあります。顔どうこうではなくめちゃくちゃファッション上手だなという人。そもそも、ファッションってそんなに浅いものではありません。

あなたがもし顔で決まると思っているであるならば、まず初めに良い映画がありますので紹介しますね。

Anne Jacqueline Hathaway

source:https://otakukart.com/

「プラダを着た悪魔」です。大ヒットしたファッション映画なのですが、とびっきり可愛くキレイなアン・ハサウェイ演じる女性がファッションでボロクソ言われるので。

プラダを着た悪魔は映画としての内容も良いのですが、「ファッションとは何か」「ファッションは顔とか関係ない」と言う事も教えてくれる1作品で是非観てみてください。そして、観たらこの記事に戻ってきてください笑

現在U-NEXTでしか配信してなくて、31日間何作品でも無料で見れます。「プラダを着た悪魔」を31日以内に観て、解約すればお金はかかりませんので良かったらどうぞ。

【▼プラダを着た悪魔を観るべき】

プラダを着た悪魔を観るなるU-NEXT>>

本題に戻りまして、ファッションは顔が良いから悪いからで決まるものではありません。

でも、ファッションがなんか上手く行かない…顔じゃないだろうかという人もいると思います。この様な人に多く会ってきたのですごく分かります。

では、どうすればいいか…

今回はファッションと顔について話していきます。

大前提として、覚えておいてほしい事は、ファッションは顔も含むという事です。

あなたがこれを理解できているかいないかが重要になります。

当たり前を理解していない

考えなければいけないのが、顔というのは髪や、眉毛、まつげ、ひげなども含まれていますよね。これがファッションで言う顔です。

そして、あなたの顔の大枠は変える事が出来ません。

顔は変えられない

顔は変えられません。もちろん、変えることは出来ますが、基本的に変える事は出来ません。

顔に自信がなくても大丈夫です。ファッションと顔の作りは関係ないです。

余談ですが…

もし、顔にコンプレックスがあるのならば、それはまずファッションの前に、あなた自身と向き合う事をおすすめします。そして、ファッションと向き合おうとしているのであれば、向き合うべきだと思います。ただ、ファッションが上手くいかないのは顔のせいではないです。

ファッションは最高の1人遊びで、ファッションはあなた自身を知り受け入れなければなりません。これを大前提として、あなたがしたいファッション、あなたが求めるファッションを追求してください。必ず慣れます。

もう一度言います。顔の作りはファッションに関係ありません

ファッションの概念

ファッションに顔も含まれます。これは先程も言いましたが、顔が良いか悪いかという話ではありません。顔に含まれるものを考えてみてください。髪、眉毛、まつげ、ひげこれらも顔に含まれていますよね。これらはファッションにおいてかなり重要です。ファッションは洋服に限った話ではありません。

重要ポイント「顔」

顔

ファッションに顔も含まれるというのは、髪型、髪の色、眉毛の手入れ、ひげの手入れ。はたまた、顔につけるアクセサリーもありますよね。ピアス、イヤリング、メガネ、サングラス、カラーコンタクト、化粧。これらを含むという事です。

これらはファッションと大きく関係します。なので、ここは怠ってはいけません。

私がファッションに顔も含まれるというのはこういう事です。

あなたが男性であるならば、特に注意してください。

出かける時に眉毛を整えて、ひげを剃ったり整えたり、髪型をセットして外出してますか。

顔のせいでファッションが上手く行かないのではなく、顔もファッションとして意識しているか

ファッションは奥深いです。ここを怠っているのであるならば、ファッションに対する姿勢をまず考えましょう。

また、もしあなた女性であるならば、習慣として化粧をしますよね。

化粧をしないのであるならば、それは化粧をする習慣を付けたほうが良いです。バッキバキのメイクをした方が良いとか、メイクを覚えた方が良いという事を言っているのではなく、顔のファッションを習慣にするという事です。

メイクの仕方、使う道具、テクニックで印象が変わるのは女性なら分かりますよね。これはファッションとして重要です。

女性の習慣は男性も意識するべき

顔

女性はメイクの時間を必ず確保します。髪の手入れもしますよね。素晴らしい。

無意識に男性よりファッションの習慣が強いと思います。

出来ていないなと言う人は、是非メイク上手に聞いてやってみてください。

男性であるならば、化粧をしろとは言いませんが、出来る範囲で顔の手入れを行いましょう。と、いいますかファッションをGoogleに聞くぐらい悩んでいるのであれば、手入れやセットの時間を必ず作りましょう。

いくら洋服のコーディネートを意識したとしても、あなたが求めるファッションにならないのはそもそものファッションの概念が分かっていないからです。ファッションは、身体全体で表現します

力を入れている所と入れていない所があれば、それは入れていない部分が目立ちます。それが顔だっただけの可能性は高いですよね。

という事はファッションは顔も大事です

顔

ファッションは顔も大事です。なぜならファッションは顔を含めてファッションだから。

なので、そういう意味では顔は大事になります。

では、ファッションと顔の考え方としては大きく2つです。具体的な方法ではなく、どの様なパターンがあるかだけでも知っておいてください。

  • ファッションに顔を合わせる
  • 顔にファッションを合わせる

この2つになります。

では、解説していきましょー

ファッションに顔を合わせる

ファッションに顔を合わせるパターンがベーシックです。

洋服のコレクションはデザイナーがデザインした洋服に合わせて化粧をしていきます。これって、洋服が一番輝く手法だからですよね。このようにコーディネートしたファッションに合わせて、顔を作っていくというパターン

男性で言うのであれば、コーディネートした洋服に合わせて髪型をセットしていく。そして、髪だけでなく、顔の手入れもしっかり行い、アクセサリーを付けるなどで身体全体でファッションを完成させます。

顔にファッションを合わせる

これはファッションに顔を合わせるとは逆で、今日はこういう髪型にしたい、こういう化粧にしたい、こういうアクセサリーを付けたいなどの顔を決めてからコーディネートしていくパターン。これが顔に合わせたファッションになります。

これらが顔をしっかり考えたファッションになります。

顔がいいとか、悪いとか関係ありません。顔まで含めてどの様にファッションを構成していくかが大事です。

この2パターンになります。

顔とファッションについて話しましたが、それでも顔が…と思うのであれば、あなたが求める答えは現状ファッションにはない可能性が高いです。だからといって、現状を受け入れず、ファッションを怠るのはもったいないと思います。

ただ、ファッションって必ず成立してしまいます。

なぜなら、洋服は毎日着ます。

今できるあなたの最高のファッションをあなたがするか、顔を理由にファッションをお粗末にするのかはあなた次第です。

ファッションについて語っている記事があるので、良かった読んでみてください。

【難問】ファッションの役割とは?答えはファッションの役割を決めるのはあなた自身でしかない。

あたなはファッションの魅力を知りたいのかファッションで魅力的になりたいのか

ファッションの魅力を知りたいかファッションで魅力的になりたいのか

ファッション好きが集まる世界

この世にはファッション好きが集まる世界がいくつもあります。一種のコミュニティみたいなものですね。

ファッション好きのオシャレ集団が集まる世界に顔が可愛いからから、かっこ良いからという人は今まで一度たりとも会った事がないです。

ファッションが上手く出来ない事を顔が理由にしている人はいません。ファッションで人生を遊び楽しみ、ファッションを日常の一部とちゃんと意識して生きています。

そういった世界もあるよという事は心の片隅にでも覚えておいてください。

まとめ

今回はファッションと顔の関係について話していきました。

顔を理由にする人は、ファッションとは別に何か理由があることが多いです。

もしあなたが顔を気にしているのであれば、もっと自分を好きになって自分をもっと受け入れた方がいいかと。なぜなら、これからの人生も今までも、必ず付き合っていく唯一無二の存在があなた自身なので。もっと自分を大切に。

そして、ファッションをもっと楽しみましょう

ではでは。