ユニクロで裾上げ補正を20本以上してもらった私が全て教えますパート1

ユニクロ

今回は知って得する話です!自分で言うのもなんだと思いますが、、得します笑

といいますか、ユニクラーなら知ってて損はないという言葉のほうがしっくりきますね。

ユニクロでズボンやパンツを買った事がある人は少なからず一人はいらっしゃると思います。その際にどうしても裾を合わせてほしい。と思ったことがあると思います。

といいますか、裾上げがそもそも出来るのかと知らない人もいらっしゃると思います。

私はこれまでユニクロで裾上げを20本以上したともいます。別に自慢ではないですよ笑

気づいたらあれユニクロのパンツこんなあんの?って感じです笑

量に関してはどうでもいいのですが、全てしました。

全てと言いますのが、ユニクロの店舗でしていただける裾上げ補正の種類全てという意味です。

ん?

補正にも種類があるの?

と思うかもしれません!あるんですよねー。

いろいろ疑問があると思いますので、ゆっくり読んでいただければユニクロの裾上げ補正に関して99%は分かると思います。

では、今回の話は、、、

ユニクロの裾上げ補正の実態

裾上げ補正の種類は?

裾上げ補正の料金は時間は!?

裾上げ出来るパンツ出来ないパンツ

こんな感じで進めていきます!

ユニクロで裾上げ補正を20本以上してもらった私

どうも、ユニクロで裾上げ補正を20本以上してもらった私paluです。

ちなみに、本数は定かではありませんが、現状ユニクロのパンツを10本は持っています。現状です。

この3倍は以上はお世話になっています。そして、私…

裾直しの補正を必ずします!笑

お世話になってますユニクロさん!

で、実際にどんなお裾直しの補正をしたかと言いますと…ユニクロで出来る補正のは全てしました。

では、そんな事も含めて掘り下げて話していきます。

ユニクロの裾上げ補正の実態

では、今回このユニクロの裾上げ補正の話なのですが、まず改めて知っておく必要がある事があります。

ユニクロの補正って安いんですよ!安いのにはちゃんと理由があります。

安さの大きな理由、そして、ユニクロでお裾直し補正をする上で肝に銘じて置かなければいけない事が2つあります。

肝に命じておく2つの事

それは、プロが縫っているわけではないという事です。笑

お裾直しや補正を専門とした業者とは格段に仕上がりにムラがあるという事です。

ちなみに、ユニクロのお裾直しはユニクロのスタッフが縫っています。

どういうことかと言いますと、お裾直し専門の部署とかがあるわけではなく、売り場にもいるスタッフが縫っているという事です。詳しいことは分かりませんが、ミシンを使えるスタッフが多いという感覚ですかね。

という事は、必ず仕上がりが常に完璧ではないという事です。

そして、もう一つが、

裾直しの補正で仕上げの前に最も重要である、長さを見てもらう時です。

ユニクロのスタッフは今までこれ意外見たことないのですが、アンピンで印をつけ、そのままレジに向かうという形なのですが、私はここが一番重要だと思っていて、フィッティングルームにてアンピンで印をつけてくれるスタッフもプロではないということです。笑

ここは本当に大事なにで、自分の意志をちゃんと伝えて、最悪自分で印をつけてもいいともいます。

「いや、まじか!」

という方も中にはいましたので、印をつけてもらった後に印を付け替えても全然いいと思います。

肝に命じてほしいのはこの2つです!

結局何が言いたいかというと、平均的にはそれなりのお裾直し補正ですという事です。

私は全く気にならないですし、そもそもズボンの価格も破格なので。

これだけは、知っておきたほうが良いかもですね。

いくら無料で出来ても、お裾直しをした後にもとの状態に戻すということは出来ませんから。

  • ユニクロのお裾直し補正はプロがやっているわけではない。
  • ユニクロでお裾直し補正をする際に採寸してくれるスタッフもプロではない。

これは絶対に知っておいた方が、心に余裕が生まれます。

洋服好きには苦かもしれまんので、

さ、ではではでは、

実際にどんな補正があるのか見ていきましょうー

裾上げ補正の種類は?

ユニクロで出来る補正は2種類です!これは公表されている通りです。

  • ミシン仕上げ
  • まつり仕上げ(シングル)
  • まつり仕上げ(ダブル)
  • カットオフ

この4種類です。

では実際にどのように違うのかと簡単に言いますと、

ミシン仕上げは外側に縫い目が見えた状態です。ユニクロの商品で言うところのデニム、チノ系ですね。

まつり仕上げは上の画像のように縫い目が見えてる状態ではなく縫い目が外に目立たない縫い方です。スラックス系ですね、ユニクロの商品で言いますと、感動パンツなど。

まつり仕上げに関して言いますと、シングルと言う言い方をしますね。ちなみにユニクロはダブルもしていただけます。下の画像がシングル(ユニクロで言うまつり仕上げ)とダブルの仕上げ方です。

 

そして最後が、カットオフです。

カットオフはすごく簡単で、これは切りっぱなしの状態です。

ちなみに世間で言われているカットオフとはこんな感じです。

この画像は切りっぱなしにしたあと若干ほどいた後なんですが、

 

この4つがユニクロで出来る裾直し補正です。

ちなみにここで気をつけなければいけないのが、全てのズボンが全ての仕上げ方対象かという事です。

仕上げ方はズボンによって出来る出来ないがある

もちろん、出来るできないがありまして、デニムをまつり仕上げにしてくれというの受け付けてくれません。

既製品がどの仕上げ方によって出来ているかできまります。

  • ミシン仕上げになっている商品はミシン仕上げしか出来ません。
  • まつり仕上げになっている商品はミシン仕上げ、まつり仕上げ、ダブルが出来ます。
  • カットオフ仕上げは全て出来ます。

これは知っておいたほうが良いかもしれませんね。

裾上げ補正の料金は?

これに関してはスゴくイレギュラーな事があるので知っておいてください。

まず、通常の補正代金から見ていきましょう!

ミシン仕上げ:無料

まつり仕上げ:¥280+税 = ¥300ぐらい

カットオフ仕上げ:無料

この3つなのですよ。無料というのは本当にありがたいですね。

しかし!補正代金が高くなるパターンがあります。

補正代金が高くなるパターン!?

それが、税抜きの価格がユニクロには表示されているののですが、その商品の値段が¥1,990未満の商品は補正代金がプラスで¥280+taxかかります!

なので、なので表示価格が¥1,990まではかかりません。

という事は、

¥1,990未満の商品で、まつり仕上げをしたいとなりますと¥600ぐらいかかるという事です。

ここらへんはちゃっかりしていますね。

しかし、¥1,990未満でも補正代金がかからない方法があるのですがそれはまた別で話しますね。

実際に補正の料金がかかるのは、

まつり仕上げ(ダブル、シングル)と、¥1,990未満の商品だけです!

補正に係る時間

ミシン仕上げ、カットオフに関してかなり早いです。

レジで時間を伝えられるのですが、15分もかかりません。多分、お客さんの量にもよると思うのですが、混んでる時(土日)に行くと、1時間はかかりませんが30分40分で仕上げてくれます。

まつり仕上げに関しては、翌日です!絶対。

これ、「本日ほしいのです」とお願いした事があるのですが翌日でした。

時間や、料金に関してはこんなかんじですねー

次行きましょう!

裾上げ出来るパンツ出来ないパンツ

ユニクロに関しては補正ができる商品と出来ない商品というのがあります。

これは、実際にスタッフの方に聞いてみないと分からない所ではあります。

先ほどお話しましたユニクロでお裾直しの補正をしてくれるスタッフはプロではありません。

なので、出来る商品と出来ない商品というものがあります。

仕上がり方も変わってきたりします。では、実際に私が拒否された商品は2つです!

1つ目が、

テーパードがきついもの

2つ目が、

生地が柔らかいもの

この2つに関しては出来ませんでした。

具体的な商品から言いますと、テーパードがきついものでは、ユニクロユーの商品でテーパードパンツというものがあったんですがそれは出来ませんでした。

ちなみにテーパードは、「腰周りはゆったり、足首に向けて細くなるパンツ」のことです。

なぜ、裾直し補正ができないかと言いますと、技術の話になります。

2つ目に関して、

EZYアンクルパンツです!これはめちゃくちゃオススメなんですが、店頭での裾直しはしてくれませんでした。

しかし、オンラインはしてくれるみたいです。

こういった感じで、出来るもの出来ないものがあるので聞いてみるのが手っ取り早いと思います。

まとめ

今回は、お裾直しに関してお話させて頂きました。

これがユニクロのお裾直しですね、実体験をもとにこんなお裾直しもあり!?というの別でも書いてるので良かったら見てください!

これはかなりクリアなパターンのお裾直しなので、イレギュラーな話は下の記事て書いております。

ユニクロの裾上げ補正対応を20本以上してもらった私が教えますパート2

ユニクロの裾上げ補正対応を20本以上してもらった私が教えますパート2

ではでは